Mai Little Alienワークショップ「アイストレイで作る簡単アニメチック・レジンアイ」

アイストレイで作る簡単アニメチック・レジンアイ
2月開催の個展期間中に開催されるワークショップは
Tourbillonでは初のレジンを使ったワークショップです!

「アイストレイで作る簡単アニメチック・レジンアイ」
日時:2013年2月4日(月)午後2時〜
所要時間:3〜4時間程度
参加人数:5〜6人
参加費:5000円
参加受付はコチラから。

100均などで入手出来るアイストレイを使い
どなたでも簡単にアニメ虹彩のレジンアイを作って頂けます。

「キャラドールを作りたいけど、アニメアイが作れない」
「どこから始めていいのか分からない」
「レジンはどれを買えばいいの?」などなど

作ってみたかったけどやり方が分からない…という方へ
おすすめの超初心者向けコースとなっております。

今回制作致しますアニメアイは、約25mmの半球トレイにレジンを流し込み
その中に、フォトペーパーに印刷したオリジナルの虹彩を封じ込めた物になります。
こちらで何パターンか虹彩のデザインを用意させて頂きますが
ご自身でデザインされた物をプリントしてご持参いただいても大丈夫です!
それ以外にも、簡単なモルド(複製)の作り方等も練習して頂きます。
レジンの扱いに慣れている方や、複製の経験がある方へは
少々物足りない内容になっておりますので、あらかじめご了承ください。

WSの最後にディスカッションを予定しております。
アニメアイについて疑問等があれば、可能な限りお答えさせて頂きます。
「どうして気泡が入るの?」や、「レジンがしっかり硬化しません…><」など
素朴な疑問を皆さんで考えていければと思っております。
その他、試してみたいレジンや、モルドの素材等、ご持参いただければ
皆さんで検証できればと思っております。
他にもご要望があれば、
*オリジナル虹彩のデザイン方法
*原型の制作方法
*レジンアイに適したレジンや、フォトペーパーの選び方なども
簡単に説明させて頂きますので、当日お気軽にお問い合わせください!
アイストレイで作る簡単アニメチック・レジンアイ
ワークショップの流れ:
●レジンアイ
*お好きな虹彩デザイン、サイズを選んで頂きます
*レジンの計り方や、混ぜ方の練習をします
*実際にトレイ(型)に流し込んでみます
*虹彩を封入します
*白レジンの作り方、混ぜ方の練習をし、流し込みます

●モルド
*ご用意いただいた原型を使い、型取りをします。


●当日こちらでご用意させて頂くもの
*レジン
*アイストレイ(計16個流し込めますが、実際に制作するのは10個程度とお考えください)
*モルド
*計量カップ各種
*マドラー
*爪楊枝
*ビニール手袋
*マスク
*虹彩をフォトペーパーにプリントしたもの


●ご持参していただくもの:
*よく切れるはさみ
*ピンセット(100均の物で大丈夫です)
*複製練習用のアイテム
(お手持ちのドールアイ、ピンポンボール、ビー玉、自作の原型等、球体で表面がつるっとした物ならだいたいなんでも大丈夫です)
その他(可能であれば)
*虹彩のデザインをフォトペーパーにプリントしたもの(推奨サイズ11mm〜16mm程度)
ーご自身でデザインされた物や、イラストなど何でも大丈夫です(❤ハートや$などでも面白いと思います)
*当日時間があれば、残ったレジンにビーズや小物を封入する事も可能ですので、何でもお好きな物をご持参ください。


●WS注意事項
*アレルギーをお持ちの方、薬品の臭いが苦手な方はくれぐれもお気をつけ下さい。
また、妊娠中の方は、事前に必ずお医者様へご相談・ご確認ください。
(使用予定のレジンはPebeo社のGedeo Crystal Resinです)
WSへの参加は自己責任でお願い致します。
*当日はエプロンをご持参いただくか、または汚れても大丈夫な服装でご参加ください。
*レジンは完全に硬化するのに2〜3日かかります。
当日は出来るところまで制作して頂き、後日会場まで受け取りに来て頂く形になります。
(ご希望の方へは発送も可能ですのでお知らせください、その場合送料のご負担をお願い致します)
*MLAが販売している乙女チック・レジンアイとは形状が異なりますので、ご了承ください。
*画像のアイはサンプルです。
(気泡が混ざっているもの、すべてが透明レジンのアイなど、参考までに一緒に写しております)
当日ご用意させて頂く「虹彩」は写真とは異なる場合がございますので予めご了承ください。


作家から最後に…
季節がらレジンの作業が通常より難しくなっております。
ある程度慣れるまで、虹彩が中心部からずれたり、気泡も沢山入ったりします。
完全な物を制作して頂くというよりは、練習と実験を目的としたワークショップになると思います。
今回のWSで得たものが、今後の制作活動のお役に立つ事が出来れば大変嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い致します!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)