無事終了→東京会場へ!!

オリジナルテキスタイル制作サービスdigina((株)デジナ)の技術を使って
ドール服作家がそれぞれ思い思いの作品を制作、展示し
diginaのデジタル捺染をご紹介するという、生地を魅せるイベント
Fairy tale?Allegory?~New expression of an apparel~
Tourbillonでの展示期間が無事終了致しました。
期間中は、沢山のご来場誠にありがとうございました!!

大阪会場での展示は終了しましたが、来る11/3(土)には東京会場での展示もございます。
関東方面の方々、必見です。
ハイレベルな作品たちを是非生でご覧下さいませ!
会場には主催のFREIE/delaさんもいらっしゃいますので
デジナのサービスにご興味を持たれた方は、ご質問も出来ると思います◎

また、大阪会場にいらした方の一部はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
このイベントが取材を受け、デジナのサービスの紹介記事が雑誌に載るとのことです。
詳細がわかり次第、コチラでもお知らせ致します。

以下、追記部分にイベントでの展示の様子の写真を貼っておきます。
東京で生で見るまでは見たくない!という方は、どうぞ回れ右を。笑


-------



atri
ユノアのランジェリーでも有名なAtri/あをのりさんのユノアサイズのキモノセット!
1/1(人間サイズ!)の同じデザインの着物も発売されることになったとのこと。
初日はこのお着物を召したあをのりさんがお店に立ってくださいました*
(ご本人の着用写真はデジナのトップページに掲載されています。美人!)

Annie's
Tourbillonオープニングイベントでもお世話になった、Annie'sさん。
今回はプチモディリーサイズのお洋服での展示でした◎
なんと、このネコちゃんの模様はAnnie'sさん宅で飼っているネコ、ニャルちゃんの写真を加工したもの!
このデジタル捺染の技術は写真のプリントも得意なので、こういった使い方も自在です*

allnurds
こちらはmomokoサイズのリアルクローズで有名なallnurdsさんの作品!
昨年末に発売されたPW-momoko ae のプロデュースでもお馴染みだと思います^^
allnurdsさんは今回唯一、完全手書きのデータをプリントされたのですが
色鉛筆のこまかなタッチまで綺麗に出ていてすごく楽しい作品に仕上がっています*
個人的にはテストプリントなどご一緒していたので、最終的に素敵に仕上がっていて、私も感動です◎

キニヒネキノヲル
今回作品数も多く、ネコの紙人形(ニャンぎょう)に着せた展示などでも一際目を惹いていた
キニヒネキノヲルさんの展示。
カラーのイラストから一色刷りまで様々な色柄で、クラシカルな雰囲気から
上品で可愛らしい雰囲気のロリータ服まで手広くカバーです。
お洋服も素敵ですが、ドールたちのメイクの美しさもご来場されたお客様の心を掴んでいました!

キノコジュース
こちらはオリジナルドール「キキ」ちゃんでおなじみのキノコジュースさん。
オープニングイベントでもお世話になりましたが、その時ご覧になっていない方は
初めて実物をご覧になった方も多かったようで
みなさま一様に「可愛い…!」とため息を漏らしていらっしゃいました^^
今回はワンピースのプリントにもトレードマークのキノコをあしらった、鉄板の可愛らしさを
キノコジュース流にアレンジしたファンシーな赤ずきんちゃんのコーディネートで展示いただきました◎

Cygophilia
裸体失礼!
Cygophiliaさんのオリジナルドールたち。
ふわふわ綿飴のような髪型の通常ヘッド子ちゃんと単眼(モノアイ)ちゃん×2。
生地が会期中に間に合わず、サンプルの生地を申し訳程度に下に敷いてますorz
どろさんゴメンナサイ!
しかし、普段はなかなか直に見られないどろさんのドールのボディを
じっくり見られて、かえって良かったと言う声も多数(!?)
私が気付いた方には、ウチにおいてある同じタイプのボディのサンプル子さんを実際に触って頂きました。
東京会場の展示にはお洋服を着た状態で展示です。
なお、この3体(洋服つき)に関しては抽選での販売になりまして、只今抽選の応募受付中です!
詳しくはこの後の記事にて。

SILVER BUTTERFLY
こちらはSILVER BUTTERFLYさんの作品。
毎回完成度の高い作品を作り続けていらっしゃるSBさんですが
今回は写真を加工してプリントされた生地を使い[De vilde Svaner]というタイトルで
アンデルセン童話の「白鳥の王子」を表現されているとのこと。
今回唯一のユノア男女ペアの展示、カジュアルなコーディネイトで
これまたこのオリジナルプリントの幅の広さを見せられた素晴らしい作品でした!

C/T/B
Channel TOY BOX、通称C/T/Bさんのイケメン集団!
写真の向かって右側がSD13少年、左側がVisuadollです。
「銀河鉄道の夜」のカンパネルラとジョバンニを星屑のちりばめられたセーラー服で表現。
生地のデザインはイラストレーターの井ノ上 豪さん。
お洋服とアクセサリーの素敵さは勿論、chieさんの色気のあるメイクを施されたドールたちに
chieさんのスタイリングドールを初めて見るお客様も釘付けだったようです^^
こちらのお洋服はクローズド・オークションにて販売されます。
オークションは現在入札受付中とのこと。
(コチラの作品の販売はTourbillonの管轄ではありませんので、お問い合わせは主催のdelaさんまで。)
こちらのオークションのことも、次の記事にてお知らせします。

cece
ceceさんの作品。繊細なパールビーズの刺繍の下には同じ図案のプリント!
そしてドレスの裾のシミもプリントでしっかり表現されています…!
アンティークの紙のシミなどをそのままプリントしたのだとか。
実際に近くで見ても、手仕事でシミを作ったようにしか見えません。

cece
ドレスの上に乗っている本も、全てプリントを施した「布」です。
この使い方は間違いなく今回のアイディア賞だと思いました…!

しきみ×西織銀×CrankyGel
イラストレーター、しきみさんの書き下ろしイラストを再現した作品。
Visuadollのカスタムはドール作家の西織銀。洋服が私CrankyGelです。
イラストを立体にするという、コスプレイヤーさん方が日夜色々な方法で頑張っていらっしゃることも
オリジナルプリントを使えば手書きしたりしなくて済んだりとそういう方面にもいいと思いました…!
このドールもクローズド・オークション中です。
詳しくは次の記事に。

HANON
HANONさんの作品。
お洋服も販売がありましたが即完売でした…!
やはりブライスの可愛さを知り尽くしているサトミさんだからこそできる絶妙なバランス、
ナチュラルで渋めの可愛さで、ブライスファンの方々を唸らせていました!
サトミさんは来月、Tourbillonで初の個展を開催されます。
続報はまた後日!

*HavEy SyRop*
*HavEy SyRop*(へヴィーシロップ)さんの作品。
薄く繊細なローンにプリントされた可愛らしい模様が際立つシンプルな薄色のドレスです。
まどろんだ表情の展示子さんとの相性もばっちり。

みつばち@BabyBee×CrankyGel
みつばち@BabyBee×CrankyGel作品。
柄部分をみつばちさんにデザインして頂き、色の指定をさせて頂きました*
普段はあまり色のついた物は作らないですがこうして遊ぶのもたまには楽しいですね。
ボディコンシャスなラインの上、つけ襟が間に合わなかったのもあり
非常にシンプルというかかざりっけの無い展示になってます…;;
東京までには!と作業中。

夢幻堂(キット完成見本)
夢幻堂さん。
このイベントで発売のキット完成見本です。
sakizoさん、マツオヒロミさんのオリジナルプリント生地でドレスやソックスが作れちゃいます。
生地もレースも余分に入っているので頭にリボンを作ったりなど使い方は自在!
生地にもうしるしがプリントされているので、型紙を写す手間がかからないという親切設計!
しかもスカートの裾にはロックミシンがかけてあります。
お裁縫を楽しみたい方には最高のキットだと思います!

夢幻堂
夢幻堂さんの赤ずきんの展示◎
渋くクラシカルな雰囲気の赤ずきんですが、ソックスの柄にダイヤ柄やレジメンストライプを使っていて
さすが「わかってるなあ!」というチョイスでした…!
お人形用に使いたくてもなかなか無いダイヤ柄やレジメン柄のニット。
これは私も個人的に欲しくなりました…!

Little Princess
Little Princess/苑ヰユウさんの作品。
なんて仕立ての良い服!と唸らされるお洋服のシルエットはさすがの一言。
あえて表地ではなく裏地やソックスにのみ使ったオリジナルプリントもとても素敵でした!
裏地のキュプラやちびユノアのソックスに使われているストレッチのネット生地にも綺麗にプリントがのっていて
使える生地の幅広さも見せてくれる素敵展示でした!!

で、主催のdelaさんの作品の写真が…ない…!
雑誌の撮影の時にひょっこり現れてまたサッと消えたので
雑誌にはその姿が掲載されるはずですね。笑

と、非常に盛り沢山な展示でした。
ドールが好きな方からイラスト関係の方まで色々な方に楽しんで頂ける展示だったと思います!
関東の方は是非東京会場に遊びに行ってみてくださいね♪

Comment

東京も行きたかったなぁ
よく考えたら、東京の日はワークショップと被っていましたゎ。
来年と言わず半年後とかにも、こう言うイベントできたらなぁ、と思う次第です。
作家さんや、関係者の方逹と話す事もでき、とても楽しかったです。
  • 2012/10/30 12:28
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)